ベトナム

Overview  - 概要 -
ベトナム社会主義共和国(ベトナムしゃかいしゅぎきょうわこく)、通称ベトナムは、東南アジアのインドシナ半島東部に位置する社会主義共和制国家で、首都はハノイ。
1986年12月のベトナム共産党第6回大会で、社会主義に市場経済システムを取り入れるドイモイ政策が採択され、中国の改革開放と同様に市場経済路線へと転換した。
世界金融危機で一時失速した国内総生産 (GDP) の成長率も、2007年8.5%、2008年6.3%、2009年5.3%、2010年6.8%と安定成長が続いている。一方インフレ率も11.8%(2010年)と高い。中国では人件費が上昇基調にあることから、新たな投資先として近年、注目されている。
NEXT11やVISTAの一角にも数えられており今後一層経済の発展が予想されている。1日1ドル以下で生活する貧困層の割合は中国、インド、フィリピンを下回る。
労働人口の66%が第一次産業に従事しているが、近年は第二、第三次産業が急成長。観光業の伸びが特に著しく、重要な外貨獲得源となっている。
主な輸出品目は原油、衣料品、農水産物。特にコメについては、タイに次ぐ世界第二位の輸出国であった。
人件費は中国のおよそ6割。

(出典)wikipedia
国名 ベトナム社会主義共和国
英語表記 Socialist Republic of Viet Nam
国土面積 346,410平方キロメートル
人口 91,700,000人(2013年)
首都 ハノイ
言語 ベトナム語
宗教 仏教、カトリック、カオダイ教他
GDP 1,878億ドル(2014年)
経済成長率 5.98%(2014年)
(出典)wikipedia及び外務省ウェブサイト
Case Study  - 進出支援事例 -
01. チョコレート製造販売会社(飯塚市)
  • ベトナム(ドンナイ)・シンガポール進出
    支援
  • ベトナムのカカオ農園提携支援
  • シンガポールの販売会社設立支援
CASE01