アセアン

Overview  - 概要 -
東南アジア諸国連合(とうなんアジアしょこくれんごう、英語: Association of South‐East Asian Nations、ASEAN)は、東南アジア10か国の経済・社会・政治・安全保障・文化に関する地域協力機構。
域内の総人口は6億2000万人(2014年)を超えており、5億人(2014年)の人口を抱える欧州連合 (EU) よりも多く人口増加率も高い。また、若い世代の占める割合も非常に高く、今後の消費拡大が期待されている。2013年の加盟国の合計のGDPは2兆4,104億米ドルであり、日本のGDPの約半分の規模である。ASEANを一つの国家として見た場合、世界7位の規模を持つことになる。
2015年12月31日、アセアン経済共同体(AEC)が設立され、始動を開始した。主にASEAN各国同士の経済協力を目的としている。域内の物品関税が9割超の品目数ですでにゼロとなるなど高水準のモノの自由化を促そうとしている。他にも、域内の金・人・サービスなどの移動を自由化・活発化させ、加盟国全ての経済発展を目標としている。

(出典)wikipedia
名称 東南アジア諸国連合
英語表記 Association of Southeast Asian Nations
国土面積 4,479,210.5平方キロメートル
人口 60,100万人(2010年)
参加国 インドネシア,カンボジア,シンガポール,タイ,フィリピン,ブルネイ,ベトナム,マレーシア,ミャンマー,ラオス(全10か国)
共通語 英語
本部所在地 ジャカルタ
GDP 2兆4,104億ドル(2013年)
(出典)wikipedia及び外務省ウェブサイト